袋井市新屋洗髪水栓交換作業 お客様の声

袋井市 洗面蛇口水漏れ修理
袋井市のお客様から蛇口の水の止まりが悪いので修理をして欲しいというご相談を頂きました。お客様宅に訪問して蛇口を見させて頂きました。INAX製でシャワーホースを引き延ばせるタイプの混合水栓で、サーモスタットという温度調節機能がついた蛇口でした。蛇口の水の出し止め調節不良は、経年の劣化と使用による消耗により内部の部品が劣化することで起こります。この蛇口について詳しく調べてみると、20年程前の蛇口ですので本体はもちろん廃番となっており、修理用の部品もいくつか廃番となっていているようでした。水の出し止めと温度調節の両方を調節する部品は現在でも供給があるようでしたので、部品を交換することで今回の水漏れに関しては修理が可能でした。部品交換による修理は可能なのですが、廃番となってから年数が経ってしまっている蛇口に対して「部品を交換しながら今後も使い続ける」という方法はメリットが少なくデメリットが多いため、部品交換をせずに蛇口を新しい物に交換する方法も併せてご紹介して検討して頂きました。今回のトラブルを解決するための修理部品はまだ供給されていますが、今後、別の不具合が起きた時にそれを解決できる部品がまだ手に入るという可能性は無くなっていく一方です。修理するための部品が手に入らないとなると、修理は不可能となりますので、そのまま使い続けることが難しい場合は蛇口本体を新しいものに交換することになります。これからも長くお住いになる状況であれば、修理ができなくなる可能性が高い蛇口に手をかけて延命するよりも蛇口を新しくする方がメリットは大きくなります。一方、リフォームや建物売却など、それほど長く住む予定ではない場合は部品の交換修理の方が費用を抑えられるのでメリットがあります。つまり、修理方法のメリット・デメリットは、建物とお客様よって異なるということです。従って、同じ症状のトラブルだとしても、お客様の置かれた状況によって最適な修理方法は異なるため、色々とお話をお聞きして、色々な修理方法をご提案し、お客様のご希望に沿った修理を行っています。今回のお客様は、今後も長く生活される予定なので部品交換はせずに蛇口を新しくしたいとご希望で、サーモスタットは全く使用していないということでしたので、サーモスタット機能の付いていない蛇口にすることで費用を抑えて交換する方法に決まりました。後日、新しい蛇口を手配して交換作業を行い、無事トラブル解決となりました。

お客様の声
チラシを見てみずがめ水道さんに初めて修理の相談をしました。一方的に「蛇口を交換しなければいけません」と言われるのではなく、修理も交換もどちらもできるので、どちらがいいか検討して下さいと、選択肢を提示して下さったのが嬉しかったです。説明も作業もとても丁寧でしたので、相談して良かったと思いました。