磐田市豊浜中野排水トラップ交換 お客様の声

磐田市 台所排水トラップ水漏れ修理
排水トラップとは台所の排水の入り口部分になります。小さいバケツみたいなもので、トラップの底に水が溜まりがあり、この水は排水管の臭いが上がってこないようにする役割があります。排水トラップはシンクに挟みこむように取り付けられています。
今回、この排水トラップの挟み込んでいる隙間から、水が漏れていました。原因は取り付けているパッキンが劣化したため、隙間ができ水が漏れていました。一番手軽に行える修理は、パッキンを交換してもう一度排水トラップを取り付けることです。
排水トラップを外したものを見てみたのですが、汚れが目立つため交換を薦めました。排水トラップを外すことはないため、この際だからと交換を了承していただきました。排水トラップはサイズや形の違うものあり取り寄せになってしまうのですが、今回は取り寄せ物ではないため、交換はその日にできました。
排水トラップの取り外し方ですが、シンク下の収納部分に排水トラップがみえます、このシンクと接する部分に樹脂のナットで外れないようになっているため、専用の工具を使いナットを外します。工具がない方はマイナスドライバーなど、ナットの出っ張りの部分に当てトンカチやハンマーなどでマイナスドライバーを軽く叩くと簡単に外すことができます。この時強く叩くとナットの破損や傷が付くことがありますので注意してください。
ナットが外れたら、今度は蛇腹ホースも取り外します、こちらも樹脂の回転ナットになっていると思いますで、手で回すと外すことができます。これで排水トラップが持ち上げるので外すことができます。
排水トラップを取り外した後に気を付けることですが、シンクに小さい穴が空いていることがあります、シンクの材質がステンレスなどの金属製のものだと、何十年と使用しているとステンレスが錆びて穴が空くことがあります。穴が小さすぎてよく見ないと分からないため、気づかずに排水トラップを取り付けると水がもれてきます。取り外した時、ライトなど光を当てよく視て確認が必要な部分です。穴の空いている部分によってはコーキングなどのシリコン素材で塞ぎ応急処置ができます。
取り付け方は排水トラップを取り付けます。ナットを手で回し固く手で回せないぐらいまで締め、今度は工具を使いまし締めです。次に蛇腹ホースを取り付けが完了したら終了です。最後に蛇口から水を出し水漏れがなければ終了です。

<お客様の声>
今回台所の水漏れで修理を依頼しました。水漏れに気が付いたきっかけは収納部分が水で濡れていたことで気がつくことができました。そこでどのカ所から漏れているのか調べてみると、排水のバケツみたいなもの付け根からじわじわと漏れてきて、自分では修理ができない所だったため業者に依頼しました。
排水から漏れていたため、収納部分の扉を開けると少し臭っていたので、当日来てくださる業者を探していたのですが、何社か明日明後日でないと来てもらえないと断られ、御社に連絡したら当日に来てもらえたので大変助かりました。
業者の方が点検をした後見積りを出してくれました。修理にはパッキンの交換だけで直すことができるようでしたが、作業内容も一緒だからバケツのような部分も一緒に交換しないかと提案されましたが、代金も部品代が少しかかる程度でしたので一緒に交換してもらうことにしました。
作業をはじめ1時間ほどで終わり最後に一緒に水が漏れていないか確認をしました。
その後排水の方では水漏れもなく使用できています。当日早急な対応ありがとうございました。