浜松市浜北区中瀬排水トラップ交換 お客様の声

浜松市 洗面排水水漏れ修理
洗面台排水水漏れの修理方法の説明をします。
洗面ボウルの中にお水を溜めるため、ゴム栓をしても水が減っていくため一度点検をしました。
お客様のお宅に伺い調べてみました。ゴム栓をしてお水を溜ためました。お水を止め見ているとお水が少しずつ減っています。恐らくゴム栓をしていても隙間から少しずつ水が流れているためだと思われます。
ゴム栓が悪いのかと思い、新品のゴム栓を持っていき、同じように水を溜め、水が漏れていないかしばらく待っていました。少し待っていると、新しいゴム栓でも水が少しずつ減っていました。これでゴム栓に問題があるわけではなく、ゴム栓の取り付け部分に問題があることが分かりました。長年使用でキズかへこみができて水が漏れていたのかもしれません。このような場合修理はできないため、排水トラップの交換をお勧めします。
交換作業は古くなった排水トラップを取り外し、新しい排水トラップを取り付けるだけです。取り付けるときの注意点は、洗面ボウルに取り付ける時です。この部分は古い排水トップを外すと、掃除ができない部分であるため、汚れが溜まっています。綺麗にタオルで拭きとっておかなければ取り付けた後水漏れの原因になります。しっかりと取り付けていても、時間が経つと水漏れしていることがあるので、一度お水を流し漏れがないか確認します。10分ぐらい置いて再度確認します。待っている間に作業をした周囲の掃除や片付けなどします。再度水漏れがないか確認して漏れていなければ終了です。
長年使用していると今回のような水漏れがあります。実際に溜めていたお水が少しずつ漏れていても、周りへの被害がないため気づきにくい部分でもあります。

お客様の声
今回洗面台の水漏れで対応していただきありがとうございました。
普段は洗面台でお水を溜めて使うことは余りなく、最近は水を溜めることをしていなっかったので、溜めたとき少しずつ水が減っていたため、自分でゴム栓を変えてみました。それでも、水を溜めてみたのですが、少しずつ水が減っていたので、修理をお願いすることにしました。
点検に来ていただいた方に、状況を説明し、実際にお水を溜めゴム栓をして見せました。少しずつ水が減っていき、試しに新しいゴム栓を持って来たので、こちらも試してみようということになり、新しいゴム栓もしてみました。結果は水が少しずつ減っていきました。これはゴム栓が原因ではなく、ゴム栓のはめ込み口の方が原因で、経年劣化や傷などがあり、隙間から少しずつ漏れているのでないかということでした。原因が分かり修理をするには、ゴム栓のはめ込み口の交換が必要なり、一度お見積もりを作ってもらいました。見積を確認して、作業は今からできるので、交換してもらうことにしました。
作業は部品の交換だけでしたので直ぐに終わり、ゴム栓をして水が減っていないかしばらく見て待っていました。二分ぐらいそのままじっと見ていたのですが、水が減っていく様子がないので、今度は違うゴム栓でも試してみたのですが、同じように水は減っていませんでした。やはり原因ははめ込み口にあり、私たちがいくらゴム栓を交換しても水漏れが直ることはなかったので修理をお願いしてよかったです。
最後に他に水漏れしていないか確認をして問題がなければ終了です。
あれから水漏れなく使えています。また何かあったときは宜しくお願いします。