菊川市 台所蛇口水漏れ修理
水道修理後
菊川市 台所蛇口水漏れ修理

菊川市川上 浄水器取付作業

本日は、戸建住宅の台所で起きた蛇口の水漏れトラブルの修理と、お客様が購入された浄水器の取り付け作業についてご紹介します。インターネットで購入した浄水器をキッチンに取り付けたいというお問合せを、菊川市のお客様からメールで頂きました。取り付けたい浄水器の情報をお送り頂き、どのような作業が必要になるか確認をした所、シンク下の収納内で給水管に接続し、蛇口の吐水口部分にも部品を取り付けるタイプのものでしたので、作業費のお見積りをさせて頂きました。また、今ご使用の蛇口本体がグラついていて、シンクとの隙間から下に水が漏れてしまうそうで、それも一緒に直して欲しいとご希望でした。実際にお伺いして蛇口の状態を見させて頂きました。過去にも蛇口がグラついてしまったことがあったそうですが、その時は別の水道屋さんに直してもらったとのことでした。収納内から確認してみると、蛇口を設置するシンクの裏側に貼ってある当て木が腐ってしまっており、蛇口をシンクに固定する金具が外れかかっており、しっかりと蛇口を固定できない状態になってしまっていました。こういったステンレスシンクにワンホールタイプの蛇口を設置する際、シンクの厚みだけではしっかりと蛇口を固定することはできないため、シンクの裏側に厚みのある木が貼り付けられています。蛇口の固定金具が振動などで緩み、できた隙間から水が染み込み、木が濡れて腐ってしまうということです。以前直してもらった時には特に当て木の交換はせず、金具を締め直しただけだったようでしたが、手で触っただけでボロボロと崩れてしまうほど木は腐ってしまっていましたので、一度蛇口本体を取り外し、シンク裏に新しい当て木を貼り付け、そこに蛇口を取り付けし直す方法で修理を行うことになりました。また、蛇口を取り外した際に、蛇口本体のパイプにも腐食があったため、お客様に確認して頂き、この機会に蛇口本体も新しいものに交換することになりました。新しい蛇口本体には金属管ではなく、柔らかい給水ホースが付いているため、腐食の心配もなく、浄水器部品の取り付けも簡単になります。古い蛇口本体のまま浄水器を取り付ける場合、給水管を一部切断したり、別のパイプで迂回させて接続し直さなければいけなかったので、新しい蛇口に交換することで使用する部材も作業内容も最低限に抑えられますので、浄水器の取り付け作業代の方を削ることも可能になり、結果的に喜んで頂けました。

Follow me!