菊川市 浴室蛇口水漏れ修理
水道修理後
菊川市 浴室蛇口水漏れ修理

菊川市小出 蛇口交換作業

本日は、戸建住宅のお風呂場で起きた蛇口の水漏れトラブルについて、壁付蛇口の本体交換作業の事例をご紹介します。菊川市のお客様から浴室の蛇口の修理についてご相談のお電話を頂きました。20年程使用している蛇口が壊れてしまったというお話で、詳しくお話をお聞きすると、吐水パイプが根元から折れてしまったという状況のようでした。お電話の後、お伺いして蛇口の状態を見させて頂きました。どうやら、お風呂の蛇口の吐水パイプに市販のホースをつないで洗濯機に給水する使い方をされているようで、吐水パイプに長年の負担がかかり折れてしまったものと思われました。吐水パイプ自体は特殊なものではないため、新しい吐水パイプへの交換も簡単に行うことが可能でしたが、シャワーホースやハンドル部分からも水がポタポタ漏れるので、蛇口そのものを新しい物に交換したいとご希望でした。蛇口本体の交換にあたり、いくつかご提案をさせて頂きました。一つ目のご提案として、お風呂の蛇口を今まで使用されてきたハンドルタイプの蛇口と同じものにするか、レバータイプの蛇口にするかという点。今回のお客様はご年配の方で、蛇口のハンドルを回転させる際もちょっと大変そうな印象を受けましたので、握力を必要としないレバータイプの蛇口への交換も可能であることをお話しました。次のご提案は、必要かどうかはお客様ご自身で判断して頂く内容ではありますが、洗濯機の近くに洗濯機専用の蛇口を設けてあげるのはどうかということでした。洗濯機のすぐ裏手にトイレがあり、壁に穴を一つ開けるだけで簡単にトイレから給水管を引くことができる間取りでしたので、毎回お風呂場でホースを抜き差しする手間もなくなり、お洗濯が楽になるのではないかという点をお話しました。二槽式の洗濯機をご使用でしたので、毎回蛇口を開け閉めする手間はどうしてもありますから、洗濯場の蛇口新設についてはお客様ご本人が普段どう感じていらっしゃるかが大事ですので、どうされたいか考えて頂きました。しばらくお話をお聞きした結果、ホースの抜き差しは今まで通りで、蛇口はレバー操作で簡単にできるようにしたいというご希望で決まりましたので、蛇口をレバータイプの物に交換して修理は完了しました。指一本で出し止めや温度調節までできるようになりましたので、とても楽になったと喜んで頂けたのでよかったです。

Follow me!