菊川市加茂 高圧洗浄作業

菊川市加茂  高圧洗浄作業
本日は、飲食店の厨房における排水詰まりのトラブルについて、排水管の高圧洗浄作業の事例をご紹介します。菊川市の飲食店から詰まり修理についてのご相談を頂きました。ここ最近排水の流れがよくないそうで、完全に詰まってしまう前に状況を見てどのような修理でどれくらいの費用が必要が見積りをして欲しいというご相談でした。一般家庭のキッチンや飲食店の厨房での排水詰まりの一番の原因は、油です。油と言っても天ぷら油のような植物性の油ではなく、肉や魚などの動物性の油は固着して蓄積しやすいので、流せば流す程、排水管の内部に付着して蓄積が進み、いずれは詰まりを引き起こします。流れが悪くなってきたということは、蓄積した油や汚れによって通り道が閉塞してきているということになりますので、完全に詰まってしまう一歩手前の状態とも言えます。一般家庭よりも排出頻度の高い飲食店舗などでは、排水管内部の洗浄が一般家庭よりも頻繁に必要になってきます。実際に厨房の状況を見させて頂きました。厨房内には水まわりは3か所でしたが、全ての場所で水を使用すると床上に溢れてきてしまう状況のようでした。どこか一か所だけ流れが悪いということでもなく、全体的に悪いという印象でしたので、もっと下流側が怪しいと思い、厨房周辺の排水経路を詳しくみていると、屋外のグリストラップを経由して他の排水管と合流していっているようでした。グリストラップとは、油(グリス)を捉まえるための罠(トラップ)のことで、油混じりの排水から油分を集めて、残りの水を通過させる構造になっています。グリストラップ内には油がドンドン溜まっていきますので、定期的に清掃が必要になります。今回の詰まり状況については、グリストラップ内に油が入りきらなくなり溢れそうになっていて完全な詰まりでした。グリストラップよりも上流側の排水管内部に油が蓄積して閉塞してしまったようでした。グリストラップ内の油カスを下流側に流したり、一般のゴミとして処理することはできませんので、専門業者さんにグリストラップの清掃なりバキューム作業なりを依頼して頂く形となるのですが、今回はこのままではお店の営業にも関わってきますので、まずはグリストラップの堆積物を手作業にてゴミ袋に取り出して産業廃棄物として処分して頂くとして、上流側の排水管内部に蓄積した油カスを高圧洗浄機を用いて洗浄除去して詰まりを解消することになりました。店舗では完全に詰まってしまってからではお店の営業に色々と支障がでますので、グリストラップも排水管も早め早めにケアして頂くのが一番ですし、トラブルが起きてから業者を探していては時間がかかるため、委託先を予め決めておくとよいですね。