菊川市和田 高圧洗浄作業

菊川市和田  高圧洗浄作業
本日は、戸建住宅1階にある台所の排水不良トラブルについて、高圧洗浄機を使用した洗浄作業の事例をご紹介します。菊川市のお客様からお電話でご相談を頂き、詳しくお話をお聞きしました。先日、トイレの鎖が切れて水が止まらなくなり、テレビでよく見る大手の水道修理業者さんに修理をしてもらったそうなのですが、古いトイレなのでトイレを新しくした方がいいと勧めてきたその業者さんをあまり信用できなかったようで、実際に修理された所が問題ないかどうか見て欲しいというセカンドオピニオン的なご相談でした。また、台所の排水管も詰まっているので高圧洗浄をしなければいけないと言われたそうで、トイレを新しくする工事と一緒に高圧洗浄をするならキャンペーン価格でお掃除できると説明をされたそうでした。その真偽についても一緒に見て欲しいということで、何やら相当な不信感を抱いていらっしゃるような印象でした。早速お客様宅へお伺いして詳しく見させて頂きました。トイレのタンク内の鎖に関してはすでに修理されていて、問題なく稼働していましたので、その構造と動きと仕組みについてお話させて頂きました。排水不良が起きていた台所の排水管については、屋外の排水桝と流しの下との間の床下排水管に油カスがだいぶ蓄積していて流れが悪くなっていましたので、この先も台所を使用していくのであれば完全に詰まって床上に溢れてきたりする前に、高圧洗浄機を使用したお掃除を行った方がよいですねとお話しました。こういった微妙な言いまわしは、時としてお客様を混乱させることがあります。結局の所、した方がいいのか、しなくてもいいのか・・・と。当店では、説明を省略することなく伝えたいことが伝わるまでお客様とお話をするようにしています。実際にはもっと長くお話したと思いますが、要約すると、別の業者さんがお客様にどのようなお話をどのようにしたのかまではわかりませんが、別の業者さんがお客様に言ったとされる「○○をしなければいけない」という表現には緊急性や強制的なイメージを感じますが、トイレに関しては水量が多い古い型式のトイレではありますが、修理をしたことでしっかり機能していますし、新しいトイレにしなければいけないという訳ではありません。台所も流れが悪くなりつつある状態ではありますが、今は完全に詰まってしまっている訳ではないので、多少の不便はあるかも知れませんが使用することはできています。節水型のトイレに交換することや、完全に詰まってしまう前に高圧洗浄をすることは、お客様にとってメリットが大きいのは確かですが、どちらも「すぐにしなければいけない」という緊急度はないので、お客様が必要だと感じたら行えばいいですよ、とお伝えしたわけです。今回のお客様だからこのようなお話をしたというわけでもありません。お客様が抱えている問題とその原因について、どのようにしたらよいかを理解して頂いて、そのためにはどういった方法があるかをご説明し、納得の上ご決断して頂くためにはそれなりの会話が必要ということですね。今回は、トイレはそのまま現役で、台所の排水管洗浄についてはその大手水道修理業者さんよりも当店の方が見積り金額は高かったそうですが、気持ちよく修理の依頼をして下さいました。実際の高圧洗浄作業の内容については他の施工事例の方で詳しく書いておりますのでご参照ください。