掛川市上張 ローポンプ作業

掛川市上張  ローポンプ作業
本日は、掛川市の飲食店にて起きたトイレ詰まりのトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり修理作業の事例をご紹介します。ご依頼を頂いたのは夕方で、昨夜の店舗営業終了時に詰まりを発見されたとのことでした。オーナー様が市販のラバーカップを用いて詰まり除去作業を試みたり、薬品も投入してみたとのことでしたが、解消せず、ご相談頂いたという経緯のようでした。不特定多数の人が使用するトイレでの詰まりの場合、異物流れが原因の場合があるので修理をする際には注意が必要です。ここで言う異物とは、本来トイレに流してはいけないもの、【トイレットペーパー】や【排泄物】以外の物、すべての事です。近年よく見かける「そのままトイレに流せる」という掃除用品などは、少量であれば流れて行きますが、一度に複数を流してしまうと詰まりの原因になることが多いですし、固形物は言うまでもありません。今回は、まずはローポンプという道具を使用してみて、それでも解消しないようであれば異物の可能性が高まりますので、便器を取り外して異物を除去するという二段構えで修理を行うことになりました。ローポンプとは、注射器と同じような原理の詰まりを除去するための道具で、ピストンを上げ下げすることで先端から水を吸い込んだり噴射したりできます。水が溜まった便器に押し当てて、ピストンを引くことで詰まっている箇所とそこまでに溜まっている水ごと引っ張ることができます。引いては戻しを繰り返していると、便器内部で詰まりの原因物の向きや形が変わり、流れやすくなります。今回も数回圧力をかけていると一気に流れて行きました。水に溶けない異物が入ってしまった場合は、この方法では解決できません。便器の内部はくねくねと曲がっていますので、便器内の異物ごと手前に引っ張り戻す力はローポンプにはありません。異物が流れてしまったほとんどの場合は、便器を一度取り外して異物を除去する必要があります。今回は幸い、異物は入っていなかったようで溜まっていた水が一気に流れていきました。その後はトイレットペーパーを沢山入れて流し、残留物がないかどうか確認しましたが、問題なく快調に流れていましたので、無事に詰まり解消となりました。

Follow me!