掛川市家代 ローポンプ作業

掛川市 店舗トイレ詰まり修理
本日は、掛川市の人気飲食店にて起きたトイレ詰まりのトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり修理作業の事例をご紹介します。日曜お昼の一番来客が多そうな時間にトイレが詰ってしまったとご相談を頂きました。通常はお店の忙しい時間帯は避けて修理に来て欲しいという依頼がほとんどですが、今回のご相談はトイレの台数も少なく緊急性が高く今すぐにでも来て欲しいというご希望でしたので、大至急現場へ急行しました。お店に到着後、状況を見させて頂くと、男性用トイレが一時的に男女共有トイレとされていて、たくさんの方が順番待ちしている状況になっていました。女性用トイレで詰まりが発生しているようなので、お店の方と一緒に問題のトイレを確認しました。便器にはトイレットペーパー混じりの白い水が溜まっていて、水位は減る様子はなく、便器の横にラバーカップが置いてありました。お店の方がラバーカップでいくらやっても詰まりを解消できなかったと仰っていました。不特定多数の方が使用するトイレで起きる詰まりトラブルの場合、トイレットペーパーや排泄物以外の物が入ってしまっている可能性も視野に入れて修理を行う必要があるのですが、今回はスピード重視の現場状況でしたので、まずはローポンプを使用した詰まり除去作業を行ってみることにしました。ローポンプというのは注射器と同じ原理でピストンを上げ下げすることで先端から水を吸い込んだり噴射したりできる道具です。水が溜まった便器に押し当てて、ピストンを引くことで詰まっている箇所とそこまでに溜まっている水ごと引っ張ることができます。引いては戻しを繰り返していると、便器内部で詰まりの原因物の向きや形が変わり、流れやすくなります。今回も数回圧力をかけていると一気に流れて行きました。異物が原因で詰まってしまっている場合は、この方法では解決できない場合が多いです。便器の内部はくねくねと曲がっていますので、便器内の異物ごと手前に引っ張り戻すまでの力はローポンプにはないからです。異物が流れてしまったほとんどの場合は、便器を一度取り外して異物を除去する必要があります。今回は幸い、ローポンプですぐに詰まりが解消でき、その後はトイレットペーパーを沢山入れて流しても問題なく快調に流れていましたので、残留物もなく無事に復元となりました。ラバーカップで解消できなかったというのは、使い方が適切でなかったか、もしくはカップ部分が便器の形状に合っていなかったか、かと思われました。

Follow me!