掛川市成滝 高圧洗浄作業

掛川市成滝  高圧洗浄作業
本日は、工場内にあるシンクの排水管詰まりのトラブルについて、高圧洗浄機を使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。掛川市の工場担当者様からお電話で詰まり修理のご相談を頂きました。工場内のシンクの排水が詰まりを起こしたそうで、電動の高圧洗浄機を用いてご自分たちで詰まり除去を試みたそうですが改善しなかったので、今回ご相談を頂いたようでした。早速訪問して現場状況を見させて頂きました。シンクで水を流すとシンク下の排水管から溢れてきてしまう状態でした。詰まりを起こしてしまった排水管の近くには点検口や排水桝がなかったため、シンク下からアプローチするしかなさそうでした。高圧洗浄機のホースがなかなか入っていかなかったというお話でしたが、シンク下の排水管は塩化ビニール管ではなく鉄管で施工されていて、管内部も錆がすごかったので、恐らくそのせいかと思われました。汚れや油の蓄積による排水管の内部の詰まりを除去する作業に関して、最も効果がある作業が高圧洗浄作業です。加圧ポンプによって強力な圧力をかけた水を排水管内部に噴射することで、手の入らない排水管の内部にこびりついた汚れや油の塊を水の衝撃で細かく粉砕して洗い流す作業です。お客様がお持ちの高圧洗浄機は電動式で、当店で普段車に積んでいるのはガソリン駆動式です。ガソリンの排気ガスが出るため屋内には設置はできませんが、電動式よりもパワーがあります。屋外に高圧洗浄機をセッティングして洗浄ホースを窓から中に引き入れて作業を行うことになりました。長年使用された鉄管の内部には錆によってコブのような突起がたくさんできてしまうため、内部が閉塞して詰まりを起こしたりします。今回ホースがなかなか入っていかない状況だったのも、鉄管内部にたくさんのコブができているからだと思われました。当店で通常使用するホースでも入っていかなかったので、ホースの先端が曲がりやすく狭い隙間でも進みやすいスネークヘッドノズルのホースに切り替えてみると、ようやくホースが入っていきました。屋外(下流側)からではなく屋内(上流側)からの洗浄作業なので、大量に溢れさせないように水量をコントロールしながら排水管の内部を洗浄して詰まりが解消しました。離れた場所の排水桝をせき止めていたので、何が流れてきたかを確認したところ、詰まりの原因は塊になった油カスと鉄管からはがれた錆でした。詰まりは解消しましたが、鉄管の耐用年数を超えてしまっていて錆腐食も激しいため、管種を変更した更生工事の検討についてもお話をさせて頂きました。