掛川市上張 ローポンプ作業

掛川市 トイレ詰まり修理
本日は、店舗のトイレで起きた詰まりトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。掛川市の店舗オーナー様からトイレ詰まりの修理について緊急のご相談を頂きました。従業員と来客者と共用で使用しているので、流れなくなって大変お困りとのことでしたので、大至急駆けつけました。お昼頃までは正常に流れていたそうで、最後に使用したスタッフさんによると掃除用の流せるシートを複数枚使用してまとめて流したとのことでした。掃除シートやおしり拭き、ペットグッツなどで、そのままトイレに流すことができるという表記がされている製品は増えていますが、そういった製品を流したことが原因で詰まらせてしまう方がいらっしゃるのも実際の所です。そういった製品の注意書きには、一枚ずつ、もしくは少量で流してくださいと書かれているのですが、細かい注意書きまで目を通してから使用している人は決して多くはないと思います。そういった製品を使用した後に、トイレを詰まらせないようにする最も確実な方法は、流さずにゴミ箱へ捨てることです。便器内に溜まっている水をバケツに汲み取り、便器内の入り口付近に詰まり箇所があるかどうかを調べました。入り口付近にも何もありませんでしたので、恐らく詰まりの原因は便器の奥の方にあると思われました。奥へと入ってしまった詰まりは手作業では除去できませんので、詰まりを除去するための専用の道具を使用することになります。水に溶けないような異物を流してしまった場合でなければ、便器側から排水管に圧力をかけて詰まりの原因をほぐして流すローポンプという道具を使用することで高確率で解消できますので、その方法を試みることにしました。ローポンプは大きな注射器の様な形の道具で、ピストンの原理で水を吸ったり吐いたりすることができます。便器の入り口部分に密着させ、詰まり箇所と満たされた水を吸い戻し、詰まりの原因物を引っ張ったり戻したりしながらほぐして流れやすくし、詰まりを解消させます。今回は数回引っ張った所で溜まっていた水が流れていきました。そのままではまだ便器内部に詰まりの原因が残っている可能性もありますので、トイレットペーパーを丸めて塊を作り、複数個同時に入れて流し、それを何回か繰り返し、詰まりが再発しないことを確認して、無事詰まり解消となります。時間をかけずに詰まりを解消できたので、とても喜んで頂けてよかったです。