掛川市大池 洋式トイレ脱着作業

掛川市大池  洋式トイレ脱着作業
本日は、店舗の男女兼用のトイレで起きた詰まりトラブルについて、洋式トイレの脱着作業による異物詰まりの除去の事例についてご紹介します。掛川市の店舗様から緊急の修理依頼を頂きました。店舗に一か所しかない共用のトイレが詰まってしまったようで、来客も多いのでできるだけ早く修理して欲しいというご相談でした。現場へ急行し、トイレの状況を見させて頂きました。便器の鉢内に水がいっぱいに溜まってしまっている状態で、時間経過による水位の変化もないようでしたので、隙間もないくらいに完全に詰まってしまっているようでした。店舗スタッフの方も、来客の方も共用のトイレで、男女も兼用とのことですので、様々な要因が考えられましたが、ひとまず簡単な詰まりであればあっという間に解決できるローポンプを使用してみることにしました。ローポンプとは、大きな注射器のような形状で、ピストンを動かすことにより先端から水を吸ったり吐いたりすることができる詰まり除去のための道具です。トイレットペーパーや排泄物などが引っかかってしまったような詰まりであれば、ローポンプを使用することで時間をかけずに開通させることができます。しかし、いくら吸い込んでも詰まりが解消することはありませんでしたので、異物が原因である可能性が非常に高くなりました。責任者の方に了承を得て、トイレを取り外して詰まりの原因の特定と除去をすることになりました。便器の内部に異物がある場合、便器を取り外してひっくり返し、裏側から便器内や排水接続部を確認することができるのですが、便器をひっくり返すためには、便器の上に載っている温水便座やタンクを先に取り外しておく必要があります。作業の邪魔にならない場所にタンクと温水便座を一時的に避難し、便器をひっくり返してみると、排水管の入り口部分に詰まりの原因物を発見しました。整理用品でした。オムツやパッドなど、水を吸収する製品は、中にビーズのようなものが入っていて、大量の水を吸いとるとパンパンに膨らんで大きくなります。お店の方を呼んで、こういった製品が入るとどのように詰まりが起きるのかを見て頂きました。不特定多数の人が使用するトイレなので、誰が流してしまったのか、故意なのか不注意なのかすらわかりませんが、こういった製品を流してしまうと確実にこのような詰まりが発生し、ラバーカップやローポンプなどでは取り出すことは不可能で、今回のようにトイレを解体して手作業で取り除くしか方法がありませんので、非常に困ったトラブルです。トイレは複数の人が同時に入ることは稀ですので、トイレを使用する一人一人の使い方に大きく影響します。流してよいのはトイレットペーパーと排泄物だけで、これくらい流れるだろうという考え方はやめましょう。トイレを流す前には一度、便器の中を確認して、流しても良いか確認してから流すようにしましょう。立ち上がると自動で流してくれる機能が付いたトイレを使用する時は特に注意が必要です。