袋井市永楽町 タンク部品交換

袋井市永楽町  タンク部品交換
本日は、集合住宅のトイレで起きた水漏れトラブルについて、タンク内の部品交換修理の事例をご紹介します。袋井市の賃貸物件のトイレの水漏れ修理についてご依頼を頂きました。賃貸物件を管理されている大家さんのようでしたが、遠方に住んでいるため直接見に行くことができないので、入居者の方に連絡を取って状況確認と修理をして欲しいというご依頼でした。入居者の連絡先をお聞きして、訪問日時を決めて後日お伺いしました。便器の水面がユラユラと揺れていて、水が少しずつ漏れているのが確認できました。一度止水をしてタンクのフタを外して内部を点検すると、タンク内に水が溜まりすぎていて、溢れた分の水が常に便器へと流れていることがわかりました。タンク内の水量を調節するボールタップという部品の経年劣化によるもので、十分に水が溜まったのにも関わらず水道からの水の補充をしっかりと止められなくなってしまったことが原因でした。その場で大家さんに電話をし、状況と部品交換が必要な旨をご説明しました。修理に必要な部品は常に車に常備していましたので、入居者の方をお待たせすることなくその場で修理が可能でした。修理の見積りにご了承頂けましたので、部品交換修理を開始しました。賃貸物件では、基本的に水道代は入居者が負担しますが、蛇口やトイレなどは部屋の設備ですので、経年の劣化による水漏れの修理に関しては部屋の持ち主である大家さんが行うケースがほとんどですね。今回のように管理物件の近くに住まれていない大家さんに代わって、お部屋の状況を確認して修理を代行するのも私たちのお仕事の一つです。入居者の方へも水漏れの原因や修理の方法についてご説明させて頂き、部品を交換して水漏れが止まった事を確認して頂きました。作業の際に、便座の取り付けがグラグラになっていることに気づいたので、ついでに締め直しておきました。お部屋を後にして、大家さんに完了報告をして修理は完了です。