浜松市中区細島町 配管つまり修理


一軒家のご家庭のトイレが詰まってしまっているから修理をして欲しいと依頼が入りました。
急いで現場に到着し、状況を確認してみるとトイレの水は引いていましたので水を流してみました。するとすぐに便器中の水が流れていかず溢れてきたので水を止めました。
ご主人に詳細を確認したところ、最近トイレの水を流していると、前に比べて少しおかしい気がするとのことで、いろいろ調べてみることにしました。
外の点検口からの排水が溢れていないか確認をして、排水が溜まっていることはなく問題はないとおもいました。今度は便器側に問題があるのではないかと思い、一度ローポンプで作業をさせていただき、この作業でつまりが解消されたのなら少し様子を見ていただこうとローポンプを使いました。何度もローポンプを使い作業をしても一向に良くはならなかったため、今度は便器を取り外してみることにしました。お客様に作業の了承をしてもらい、便器を取り外して、便器に異常はないか確認していたのですが、問題はなく、便器を取り外さなくては確認できない配管の中を見てみると、配管の中で排水が溜まっています。通常は配管の中で水が溜まっていることはありません。これは配管の中で詰まっているため、水が流れていかなったのです。今回はトイレと一番近くの屋外点検口の間で配管の中で詰まっていたため、なかなか原因がわかりませんでした。
排水管内の詰りを直すのに有効な手段はいくつか有るのですが、今回は高圧洗浄機という機械を使用しました。
高圧洗浄機とは、ノズルの先端から高圧のお水が噴きだす事により、詰まっているものを分解しながら掻き出してくれるという優れた機械です。詰り修理に関してはこの機械を使用するのが、最も効率的で確実性があるのではないかと思います。
排水管内の汚物を掻き出した事により無事、トイレに水が流れるようになりました。