袋井市葵町 給湯管一部補修

袋井市葵町  給湯管一部補修
本日は、飲食店の厨房で起きた給湯管の水漏れトラブルについて、給湯管の一部補修作業の事例をご紹介します。袋井氏の飲食店オーナー様から緊急の水漏れ修理のご依頼を頂きました。厨房でお湯が噴き出していて水浸しになってしまったとのことで、お店の開店時間までにどうにか営業できるようにして欲しいというご相談でした。大急ぎでお店に向かい、現場を見させて頂くと、銅管で配管された給湯管に穴が開き、そこからお湯が噴き出してしまっているという状況でした。給湯器下のバルブで止水を行い、穴が開いた箇所と修理すべき範囲の確認を行いました。飲食店などの厨房内では、シンクや製氷機、大型冷蔵庫や調理台などの機器の隙間を通すように水道管や排水管が配管されている場合が多いため、部分的に補修を行いたい場合でも、機器を一度移動して作業スペースを作る必要があるケースもあります。専門業者でなければ取り外せないような機器がある場合は手配して頂く必要が出てきたり、機器を移動するのにとても時間がかかったり、一人では作業できなかったりする場合もありますので、そういった場所の修理が必要な状況ではその後の営業をストップせざるを得ない場合もあることをご覚悟ください。幸い今回の補修箇所は、複雑な機器まわりではなく、天井から給湯管が配管されていて、機器と機器の間に設置された棚を移動するだけですぐに作業スペースが確保できましたので、機器を移動することなく修理が可能でした。穴が開いた銅管部分を切断して除去し、銅管をロウ付けと呼ばれる溶接作業を行い新しい給湯管で配管し直していきます。機器まわりはステンレス製のフレキ管で配管されていましたので銅管とステンレス管を接続して補修は無事完了しました。現場に到着した時点でお店の営業開始まで2時間といった状況でしたが、機器を移動する必要がなかったため、時間に余裕をもって修理を終えることができました。