袋井市浅羽 蛇口部品交換作業

袋井市 店舗厨房蛇口修理
本日は、飲食店厨房の蛇口に起きた不具合トラブルについて、蛇口の部品交換修理の事例をご紹介します。袋井市の飲食店の担当者様から蛇口の修理依頼を頂きました。厨房内に設置された蛇口のレバーが割れて壊れてしまったとのことで、レバーだけ新しくすることはできますか?というご相談でした。蛇口の型番などがわからないということでしたので、一度直接目で確認するため、ご都合をお聞きして拝見しに行きました。壁付きタイプの混合水栓で、樹脂製のレバーハンドル部分が破損して取れてしまっている状態でした。レバーが付くカートリッジ部分は破損もなく問題ないようでしたので、レバーハンドルのみの交換で済みそうでした。しかし、大きな問題がありました。水栓本体に製造元であるTOTOの刻印はありましたが、蛇口の型番が記載されたシールが剥がれてしまっていて型番が特定できない状態だったことです。蛇口は、様々な部品が集まって組み立っているものなので、一つ一つの部品それぞれに品番があります。今回修理に必要なレバーハンドルという部品にも品番が存在していて、部品を取り寄せるためには、どのメーカーの蛇口の部品で、どの品番の部品が必要なのかを伝える必要があります。TOTOさんの蛇口であることはわかりましたが、蛇口の型番がわからなければレバーハンドルの品番もわかりません…保証書や取扱説明書なども保管されていなかったようでしたので、写真を何枚か撮り、TOTOへ写真を送って型番を調べてもらおうとしたのですが、別の問題が発生しました。この蛇口の吐水パイプの部分は、お店の方が他社製品のシャワーのものに付け替えていたため、メーカーとしては写真の蛇口は改造品とみなされてしまって、はっきりとした回答を得ることができませんでした…仕方がないので、破損してしまったハンドルを持ち帰らせて頂き、撮影した写真と、TOTOさんで過去に製造されていた蛇口のデータベースの画像とを照らし合わせて探すことで、なんとか必要なレバーハンドル部品の型番にたどり着き、取り寄せることができました。後日到着したレバー部品を取り付けに伺い、無事修理完了となりました。