菊川市半済 ローポンプ作業

菊川市 洋式トイレ詰まり修理
本日は、集合住宅でのトイレ詰まりトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。菊川市のお客様からトイレの詰まり修理についてお電話を頂きました。詰まり修理といったご依頼はお急ぎの方が多いのでできるだけ早くお伺いするようにしているのですが、今回のお客様はお子さんを保育園に連れていく用事もあるそうでしたので、お帰りになるという時間に合わせての訪問をご希望でした。当店はお客様のご都合に合わせて訪問致しておりますので、事前にご予約頂ければご指定の時間帯に訪問することが可能です。今回はご自宅に戻られてからご連絡を頂けるということでしたので、ご連絡を頂いてからお客様宅に向かいました。詰まってしまったのは昨晩のことだそうで、いつも通りに使用して、変なものは流していないというお話しでした。半日以上時間が経っていましたが、ゆっくり流してみるとまだ詰まっているようで、便器内に水が溜まってしまう状態でした。集合住宅の一階のお部屋でしたので、念のため屋外の排水マスが詰まっていないかどうか確認しましたが、異常はありませんでした。普段通り使用されていての詰まりということですので、たまたま引っかかってしまったのかも知れませんね。便器内の水を一度バケツに汲みだして、便器の手前の方の手の届く範囲で詰まっていないかどうか確認しましたが、何もありませんでした。手の届かない奥の方で詰まってしまっているので、道具を使用して直すことになります。今回はローポンプという道具を使用しました。ローポンプとは、注射器と同じ原理で、ピストンの動きで先端から水や空気を吸ったり吐いたりできる道具です。排泄物やトイレットペーパーの詰まりであればローポンプで解消することが多いです。空気よりも水の方が伝わる力が強いので、バケツに汲み取った水を便器に戻した状態でポンプを押し当て、詰まっている箇所を引っ張り戻すようなイメージで圧力を加えていると、しばらくして一気に流れていきました。引っかかっていた物が引っ張られて位置や向きが変わったり解れたりすることによって流れたということですね。その後、トイレットペーパを丸めたものを沢山流し、便器内に残留物がないかどうかを確認して作業は完了しました。これで安心して使用できますね。