菊川市河東 ケレップ交換作業

菊川市河東 ケレップ交換作業
本日は、築40年ほどの賃貸集合住宅で発生した浴室の蛇口水漏れトラブルについて、ケレップ交換による修理事例をご紹介します。賃貸物件を管理されている会社様から、緊急の水漏れ修理のご相談を頂きました。普段依頼されている業者が対応できないそうで、今回当店には初めてのご依頼でした。菊川市の物件の一室で、お風呂場の蛇口のお湯が止まらなくなり困っているとのことでしたので、住所とご入居者の連絡先をお聞きして到着時間などをご連絡して現場へ急行しました。到着後、状況を詳しく見させて頂くと、水とお湯2つのハンドルがついた蛇口で、お湯側のハンドルをしっかり閉めてもお湯が止まらない状態で、お湯も結構な勢いでした。まずはお部屋全体で止水をしてハンドル部分を分解して内部を詳しく点検しました。開けてみるとすぐに原因がわかりました。お湯側のケレップのゴムパッキンが完全になくなっている状態でした。ケレップとは、写真のようにコマの形をしたもので、金属製の土台にゴムのパッキンがついているので、コマパッキンとも呼ばれます。水漏れしたらパッキン交換、とよく言われているのはこのケレップのパッキンのことです。ゴムのパッキンは最初は柔らかく弾力があるので軽くハンドルを回しただけで水がピタッと止まるのですが、劣化して弾力がなくなって、変形してくるとピタッと密着できなくなり、隙間から水が漏れてポタポタと水滴が垂れるようになります。それでも頑張って使っていると、今回のようにゴムがボロボロに崩れたり擦り切れてしまい、土台だけになってしまいます。そうなってしまうと水やお湯の入り口を塞ぐことができなくなり、勢いよく出っ放しで止められない!という状況になってしまいます。ここまで悪化してしまっている場合、ゴムがなくなったケレップが水やお湯の入り口部分に直接触れるため、入り口部分を傷つけてしまっていることが多いです。入り口部分に傷ができてしまうと、パッキンを新しくしたとしても傷の部分から水が漏れてポタポタ水漏れしてしまいます。ペンライトで蛇口内部の水とお湯の入り口部分を確認してみると、やはりお湯側には傷がいくつかついてしまっていました。本体側に傷がついてしまっている場合は本体交換をしなければ水漏れを完全に直すことにはならない旨を管理会社の担当者様に報告した所、近々リフォームが行われる予定なので今回は応急処置で対応して欲しいというご希望でしたので、ケレップ部分を新しいものに入れ替えて様子を見ながら使って頂くことになりました。ご入居者にもご説明して、勢いよく止まらないのは解消しましたが、ポタポタお湯が垂れてしまうのを確認して頂いて、ご了承して頂けましたので、作業完了となりました。蛇口を閉めるのに力は必要ありません。普段の閉め方でポタポタするようになったら、ギューっと閉めることはせず、早めにパッキン交換をした方が蛇口が長持ちします。

Follow me!