浜松市中区中島町  ボールタップ交換

浜松市 トイレ修理
今回はトイレ水漏れ修理を紹介します。

トイレの水が漏れているため、修理に来てもらえますかと、お問い合わせがありましたので、早急にお客様宅に向かいました。
お客様のお宅に到着してトイレの点検をさせていただきました。タンクの中からお水がでている音がするため、ボールタップというタンクの中にある部品が悪いのではないかと思いました。まずはタンクのふたを開けて中を確認しました。思った通りボールタップからお水が漏れていました。
ボールタップとは、トイレタンクの中に使われている部品の1つであり、支持棒(シャフト)の先端にボールの浮き玉があり、 水位が下がって給水が必要となると浮き玉が下がることにより、つけ根の給水弁が開き、給水が始まり、満水になると浮き玉の浮力を利用して上昇し給水弁が閉止し自動的に給水が止まる仕組みです。
上記で説明した通り、タンクの中が満水になると浮き玉が上昇してお水を止めるのですが、経年劣化によりボールタップが壊れてしまい、満水にも関わらず浮き玉がお水を止める位置まで、上昇してくれないためお水が止まらなくなっていました。
今回の修理には、ボールタップが悪くなっているため、ボールタップを交換すると水漏れは収まります。修理方法としては、トラブル防止のため一度家全体のお水を止めます。次にボータップと給水管がナットで繋がっているため、スパナなどでナットを取り外し、ボールタップをタンクに固定しているナットがあるため、ナットを外してあげるとボールタップが取り外せます。新しいボールタップを今度は逆の手順で取り付けることが可能です。
取り付けるときに、給水管の接続部分にパッキンが使われているので、一度取り外したパッキンは再度使用すると水漏れする可能性があるため、新しいパッキンに交換します。
交換が終了しトイレを元の状態に戻したら、今度は通水し水漏れがないかを点検します。
まずは、交換したボールタップからお水が漏れていないか、次に一度取り外した給水管から水漏れしていないか確認し問題がなければ、次は稼働テストです。5回ほどトイレのお水を流します。水が流れない、逆に水が止まらないなど、部品を交換したことにより不具合がないかを確認し、どこも問題がなければ完了です。
この様に、ボールタップぐらいでしたら、ご自分でも交換ができます。部品もホームセンターなどにも販売せれています。一度試してみるのもいいかもしません。
水漏れが発生したときは一度当社にご連絡下さい。