h3>浜松市東区天竜川町  カートリッジ交換

浜松市 蛇口水漏れ修理
今回は蛇口の修理を紹介します。
洗面蛇口から水が漏れているため修理のご依頼をいただきました。お客様からは蛇口の先端から水がポタポタと漏れてくるということでしたので、その他に水漏れしていないか、蛇口を見てみましたが、お客様の言われた通り先端から水が漏れている以外は問題ありませんでした。
まずは漏れ具合を確認するため止水栓を少し開きみてみました。たしかに蛇口のお水を止めてもお水が勝手に出てきている状態なので、中のカートリッジが悪くなっていることが分かりました。
お客様のお話では、少し前までは、ほんの少しだけ漏れていたようですが、蛇口を使っているうちに水漏れがだんだん酷くなり、かなり速いペースでポタポタと漏れています。
蛇口本体は10年以上使われていましたので、部品があるのかわからないため、蛇口の型番を調べメーカーに確認を取ってみることにしました。蛇口の型番はハンドルレバー側の側面にラベルが貼っているのでそこで確認できます。部品がまだ製造されているのかメーカーに連絡をとり製造されているのなら部品を取り寄せ修理ができます。メーカーからは部品の製造はまだされており、部品も取り寄せが可能なので、お客様には数日取り寄せるまで待っていただきました。
交換作業は止水栓で水とお湯を止めます。水を止め忘れると蛇口を分解したときに、水が吹いてしまします。次にハンドルレバーのれば部分を外します。レバーはビス止めされているのでビスを外し持ち上げれば簡単に外せます。レバーを取るとナットになっているので、工具を使い反時計回りに回して取り外します。ナットを外すとカートリッジが出てくるので、持ち上げるように外します。後は新しいカートリッジをはめ直し蛇口を元の状態に戻すと作業は終了です。最後にお水を通し蛇口から水漏れしていないか確認して終了です。
経年劣化によるものです。 蛇口にも寿命というものはあります。
幸いな事に、今回のお客様の蛇口は一般的な物だったため部品がまだ製造されていたため部品を取り寄せて交換することが出来ました。中には部品の製造が終了しているものもあります。その時は蛇口の交換も検討してください。
水漏れを放置していても自然に直る事はありませんし、他の場所への影響が出てしまうケースがありますので、水漏れは早めに修理するほうが良いかと思います。