浜松市東区積志町 ボールタップ交換

浜松市 トイレ水漏れ修理
今日はトイレの水漏れ修理を紹介します。
一般のお客様からお電話をいただき、トイレのタンク中でチョロチョロとお水が止まらないので一度見てほしいという依頼でした。
今回トイレの水漏れの原因は、ボールタップという部品が経年劣化により動作不良を起こしていました。ボールタップには浮き玉という上下する部分があり、浮き玉が上に上がるとお水を止め、下にさがるとお水をだします。出てきたお水は浮き玉がお水を止めてしまう位置まで上がらなくなりお水が止まらなくなっていました。ボールタップとは、トイレのタンクの中にお水を出し、止める為にある部品です。蛇口に例えるとレバーの部分にあたります。蛇口はご自分でレバーを操作してお水を出したり止めたりするのですが、ボールタップはどの動作を自動で行ってくれます。
今回はボールタップの浮き球が下がっても、出てくるお水の量が非常に少なく、お水がタンクの中に溜まるのに時間がかかる症状でした。トイレというのは、使用した後お水を流すと、あとは勝手にお水が溜まり、止まってくれる物が普通なので、タンクの中の水が少ない状態でお水を流すとトイレが詰まってしまう原因にもなります。
修理方法として、ボールタップの交換を提案しました。このボールタップを変えることにより、正常な状態のトイレに戻るので今まで通り普通に使えるようになります。
今回交換したボールタップはご自分でも交換できる部分です。このボールタップはお近くのホームセンターに売っています。交換の時の注意点はオーバーフロート管という筒の様な部分が有りますそこは折れやすいので、ボールタップを交換するときに手が接触した時に折れないように注意して下さい。
まずはトイレで水が漏れた時は、慌てずにトイレの横に止水栓というお水を止める個所があります。止水栓にはハンドルタイプとマイナスドライバーなどを差して回すタイプがあります。ここを回すとお水が止まるため、緊急時にはお水を止めて慌てずに業者を呼んでください。